So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル・デビル・ストーリー ブログトップ

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー6 転生の絆 [デジタル・デビル・ストーリー]

ついに迎えた最終巻。

最初の方で明日香くんと礼子さんの家族が射殺されるシーンがエグかったです。
8ミリビデオで撮った自分の母親が銃殺されるシーンを見せ付けられて
レジスタンスが(家族が大事なので)組織から抜けるのが妙にリアリティがあって生々しいです。

クライマックスは明日香とガブリエルvsルシファーとストクになるのかと思ったら違いました。
リリトの行動もよく分かりませんし、ベルゼブーも倒しませんでした。
最後はシンメガ2みたいに神に挑むのかと思いましたが、それもありませんでした。

バトル系の話はほとんど描かれませんでした。
というか、明日香くんはまともに戦っていません。
主人公なのに黄泉での戦い以降は影が薄いです。

結局、最後は中島くんと弓子さんの再会で終わりました。
ある意味、主要な天使(ガブリエルetc)や悪魔(ルシファーetc)でさえ、あの二人の前では脇役でした。
主人公の明日書くんでさえもあの二人の前では脇役でした。

ミカエルや唯一神が出てきたのでシンメガファンの私としてはヨカッタです。
核兵器から日本を守るため、ひいては核戦争を阻止するため、ガブリエルとルシファーの利害が一致したのは意外な展開でした。
でも、ストクの手によって核は発動し、神罰が下って人間は絶滅寸前に追いやられてしまうのですが。

普通の小説なら、東京への核攻撃を阻止して、神の裁きを回避するという流れになってハッピーエンドですが、
NDDSでは容赦なく地球に巨大な隕石が落ちて死の星になってしまいました。
やっぱ、普通と違うなと思いました。

NDDSで筆者が書きたかったのは、中島くんと弓子さんの再会と呪いを信じなくなった人間への警鐘だと思います。
呪いというと悪いイメージにとられがちですが、呪いにも良い効果があります。
それは、呪いを信じることにより、人が人を殺さなくなる、ということです。

人を殺せば、怨霊に呪い殺される。
そんな恐怖が人間に植え付けられていれば、うかつに人を殺さないだろうと。
近代社会では、呪いのような迷信は信じられなくなり、人は呪いから解放され、人殺しをなんとも思わなくなります。

転生の絆

転生の絆

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1993/12
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー5 女神よ永遠に [デジタル・デビル・ストーリー]

この巻では惑星”黄泉”に辿り着いた明日香くんや礼子さん一行が地球に帰還します。
惑星”黄泉”は弓子さん1人で悪魔の手から守るらしい。
そこは中島くんとの再会を約束した地なので。

弓子さんの命令で神族も何人か、助っ人のために日本まで来ました。
とりあえず、十字軍の本拠地に戻ることになります。

海を渡る際に巨大な海獣”バール”と遭遇し、苦戦しますが
礼子さんがアマテラスの力の一端を開放し、何とか退けました。

一方で、妖帝”ストク”も日本に到達しました。
ルシファーはストクを味方につけようと画策します。
それは、アメリカの大天使ガブリエルと戦うために戦力を補いたいから。

明日香くんたちは学校にてレジスタンス活動をし、日本を支配している悪魔を
追い出そうとします。
十字軍と治安警察の戦い。
人間社会に潜り込んだ悪魔の正体を暴露し、民衆の支持を得ようと作戦を展開しますが
自ら赴いたサンジェルマンの前に明日香くんはやられてしまいます。

その頃、惑星”黄泉”ではヘルの兄、ヨルムンガンドが弓子さんを狙って降下します。
巨大な蛇、ヨルムンガンドに苦戦する弓子さん。

ヨルムンガンドは星自体を破壊しようと暴れだしますが、
「弓子さんの心の中にいつも中島くんがいる」
そのことに気付いた弓子さんの全開の力の前に斃れます。

兄までも失ったヘルは反物質炉の暴走で自爆を敢行します。
星ごと粉々になりますが・・・、破壊された星の破片をケルベロスが
つなぎ合わせ元通りの星に修復します。

ケルベロスはそんなに強くないと思っていたのですが、
こんな大事な役目を果たしているなんて
物語のキーとなる悪魔なのでしょうか。

転生の因果で弓子さんは明日香くんにとって母親的存在。
そして、同じく転生の因果で礼子さんは明日香くんにとって姉的存在。

明日香&弓子
明日香&礼子
これらの関係に”異性としての愛”は成就しないのでしょうか。

女神よ永遠に

女神よ永遠に

  • 作者: 西谷 史
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1992/12
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー4 怒りの妖帝 [デジタル・デビル・ストーリー]

ベルゼブーと天馬の掛け合いが面白いです。
自分以外の存在を見下す傲慢な性格のベルゼブーですが、
なぜか使い魔の天馬にだけは愛着を示します。

明日香くんは、黄泉を守ることしか考えず弓子さんを道具として使う神族たちにも反感を覚え、
神族と魔族、両方から狙われることになります。
シンメガで言うところのニュートラル属性に近いですね。

彼自身はスサノオの転生であり、礼子さんはアマテラスの転生だそうです。
ただし、まだ力の引き出しが完全とはいえませんが。

偶然にも妖帝”ストク”の祠に迷い込んだ明日香くんとベルゼブーの一行はストクの封印を解いてしまいます。
封印を解かれ、黄泉の地表に現れたストクは一路、神族の砦を目指します。

ちょうどその頃、砦は魔族の軍の総攻撃を受けて陥落していました。
魔族の司令官”ヘル”はそこでストクと対峙します。

ストクの力で湖は真っ二つに割れ、湖底を歩いてくるストク。
モーゼのようなその所業を前にして魔族軍は狼狽し、退却します。
ストクはヘルよりも強いようです。

ストクは漢字で書くと”崇徳(上皇)”と書くそうです。
平安時代の貴族で、世の中の全てを呪い、自分の血でお経を書いたという言い伝えがあるらしいです。
劇中でもその設定は活きており、地球の大和の国を強烈に怨んでいます。

一旦はストクの前から退いたヘルですが、兄を召喚して反撃の機会を待ちます。
ストクは神族の砦の中へ。
そこには中島くんの棺の前で中島くんの躯にすがり付く弓子さんがいました。

ストクは中島くんの体に憑依しようとしますが、そこに現れたのは中島くんの霊体。
中島くんの凄まじいまでの理力でストクはズタズタになり、魂が昇天します。
昇天した先は・・・、地球でした。

中島くんの死という現実から目をそむけ、精神崩壊していた弓子さんですが、
中島くんの霊体と決別のケジメをつけ、再会を誓います。

日本で赤子の体に乗り移り受肉したストクは部下二人と共にルシファーから招かれます。
そのルシファーですが、アメリカの大天使ガブリエルと事を構える様子。
シンメガで言うところのロウvsカオスの構図ですね。

怒りの妖帝

怒りの妖帝

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1992/04
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー3 神魔の惑星 [デジタル・デビル・ストーリー]

今巻はささくれ立った今までとは違って沢女(さわめ)さんに癒される・・・、
と思いきや、やっぱりヒロインの礼子さんの扱いはひどいです。

心身ともにボロボロで過酷な状況を、ただ明日香くんに会いたいがために切り抜けます。
ケルベロスや神父と合流し、とりあえず人心地。

魔族は、惑星”黄泉”を銀河系の果てに見つけ、宇宙船で惑星に降り立ちます。
迎撃する黄泉の神族。

ヘルに苦戦する場面もありましたが、神族の切り札・弓子さんの出陣。
片手で宇宙船の飛行を受け止めるあたり、最強すぎです。

ベースは大和の神族なのですが、敵は西洋の悪魔なので和洋折衷ですね。
ただ、神族は弓子さんの力をいい様に利用している節があるので、明日香くんは反発します。

魔族の軍団が神族の砦に攻め込もうとするシーンがあるのですが、
普通はファンタジーで悪魔といえば、魔力のエネルギー弾の打ち込んで城壁を破壊、
みたいな流れになるのですが、なんと悪魔が使ったのはドリルとプラスチック爆弾。
どんだけ科学的なのか。
この作者の「悪魔+SF」な発想はすごいですね。

無印DDSのラストで死んだ中島くんの亡き骸は弓子さんが黄泉に安置したようで
NDDSでは黄泉に中島くんの亡き骸がありました。

神魔の惑星

神魔の惑星

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1991/08
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー2 氷界の女王 [デジタル・デビル・ストーリー]

NDDS(= New Digital Devil Story)の第二巻です。
今回は、
弓子vsルシファー
ナリvsヘル
明日香vsフェンリル
などバトルが熱かったです。

あと、あいかわらずヒロインの扱いがヒドイです。
ヒロインの礼子さんが暴漢のクソオヤジに
犯されそうになり胸を揉まれたりします。

明日香は自分の念動力を操れるようになってきました。
しかし、それは憎しみと怒りという負の感情が滾(たぎ)り、
キレたときに発現します。
仲間が殺されて、それに対するキレによって戦う主人公には燃えますが、
力に飲み込まれないか心配です。

> 「相手のおびえを感じたとたん、明日香の心にかつて感じたことのない、暗い愉悦が顔をのぞかせた。」
このシーンは読んでいてゾクゾクしました。

NDDSでスゴイと思うのは、悪魔とSFの融合ですね。
NDDSの世界ではなんと、悪魔が宇宙船を建造し、それに乗って宇宙飛行します。
しかも、魔界や黄泉(死後の世界)は異次元にあるのではなく
この銀河のどこかにある星なのではないか、という展開。

そして、この巻では何気にあとがきが面白かったです。

氷界の女王

氷界の女王

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1991/03
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 新デジタル・デビル・ストーリー1 捕われの女神 [デジタル・デビル・ストーリー]

無印DDSの続編、新DDSの第一巻を読みました。
無印DDSに登場した弓子さんや中島くんもちょこちょこ出てきます。

新DDSは冒険というかRPGというか、そんな感じがしました。
あと、SFCの真女神転生のストーリーを思い出しました。

中島くんが主人公から外されたので悪魔召喚プログラムはいまのところ出てきません。
新主人公の明日香くんは不思議な力を持っている、古代の神様の転生(?)であるようです。

普通、悪魔が出てくるファンタジックな話だと、悪魔とか超能力は世間から隠れるように
または世間にバレないように隠すパターンが多いですが、新DDSではむしろ悪魔が
人間社会に堂々と介入し、政治や経済や文化を掌握しています。
そして、リアルとSFとファンタジーの融合。

リアルというよりは生々しいといった方がいいですかね。
魔都と化した新宿での凄惨な場面描写や、拷問異常者の館での場面描写はスゴかったです。
あと、かなり昔の作品にもかかわらずヴァーチャルセックスの概念もありました。

最後の館での明日香くんの能力覚醒と礼子さんへの想いから迸る激情と
卑劣な殺人者に対する怒りには心打たれました。

捕われの女神

捕われの女神

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1990/06
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 デジタル・デビル・ストーリー3 転生の終焉 [デジタル・デビル・ストーリー]

無印DDS(Digital Devil Story)もこの第3巻で最終巻です。
冒頭からルシファーが出てきたのでルシファーに心酔している私としてはワクワクしました。
ただ、中島くんとルシファーの直接対決はありませんでしたが。

私が読んでいて印象に残ったのは村井くんの心の叫びと
中島くんのお父さんの心の声です。

悪魔化してしまった友人の殺戮の片棒を担ぐ村井くん。
嫌々ながら、「やらなければ殺すぞ」と恫喝され付き合います。

抜けだしたいと思いながらも抜け出せないままズルズルきてしまいます。
ところが、ある日、悪魔に手を貸していたことがセイレーンにばれてしまい、自宅を襲撃されます。

暴徒と化したセイレーン教団は村井くんの妹と母をその手にかけます。
その惨状を目の当たりにして村井くんは怒りと憎しみを爆発させます。

「殺してやる!」

そして村井くんは悪魔との契約を果たしてしまいます。
泣きながら妹の血肉を喰らうシーンは鬼気迫るものがありました。

終盤で中島くんは国家権力に逮捕され、裁判を受けます。

こういう展開はファンタジーの話として珍しいですね。
”悪魔の召喚”と”超常の力を使った殺人”に対して法律に照らし合わせて裁判にかけるなんて。
SFとリアルが混じった、見たことのないシナリオです。

死刑が言い渡された中島くん。
死刑執行を前に中島くんの父親はこう思いました。

「この娘を守るために息子は命をかけたのか・・・」

このシーンも心打たれました。
息子と気持ちが通じた瞬間であり、中島くんの弓子さんに対する一途さが窺える台詞です。

この作者の書き方は、普通の作家とは違って、主人公に対してドライだと思います。
普通なら、物語の主人公を通じて作者の熱い想いを読者に届けたりするのですが
なんというか、中島くんは”物語であり続ける”っていうか、そんな感じです。

DDSを読んでいて思うのは、確かに殺伐さや荒涼さはあるのですが、
メインのテーマは、悪魔との戦いでもなく、オカルトでもなく、コンピュータ科学でもなく
純愛なんじゃないかと思いました

弓子さんが辱められて、激情に駆られて人を殺してしまう中島くんのあの行動も弓子さんへの愛ゆえに。
他の人間の命は、弓子さんへの愛に比べればどうでもいいこと。
さらに自分の命すら、弓子さんへの愛に比べればどうでもいいこと。
そんな気がしました。

転生の終焉

転生の終焉

  • 作者: 西谷 史
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1988/02
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 デジタル・デビル・ストーリー2 魔都の戦士 [デジタル・デビル・ストーリー]

DDSにおける魔界とは無数の小宇宙(小魔界)の集まりであるらしい。
そして各小宇宙には核となる大悪魔がいるらしい。
前回、現世に接近した(悪魔召喚プログラムによって呼び寄せられた)小宇宙は
ロキがコアになってたらしい。

で、今回はセトの小宇宙が接近し、セトが実体化を企む話。
弓子さんと中島くんの肉親が殺されてしまったり、
仲間の1人がいきなり神様だったり、
その神様もあっさりやられてしまったり。

でも、一番の見所は肉の巨塔だと思います。
リアルな東京という地であれだけの出来事を起こしてくるとは思いませんでした。

最終決戦はまたもやヒノカグツチの会心の一撃で大ボスを倒します。
その後、中島くんは世界中の人々の命と弓子さんの命、どちらをとるか選択を迫られます。

50億:1

何のためらいもなく、中島くんは1を選びます。
さも当然のように。
弓子さんへの想いゆえに。

ちなみに、まほろまてぃっくというコミックでは主役のまほろさんは50億をとります。
見知らぬ50億の命のために、大切な1人を撃ち殺します。

中島くんはなにかとエゴで動きます。
イジメへの報復もそうですし、今回も大局を見ずに己のエゴで行動しました。
なのに、なぜか憎めない主人公です。

それは、中島くんの行動は正当化されないながらも共感を与えるからではないでしょうか。
「あぁ、そういう状況なら俺もそうしちゃうよ」みたいに。
つまり、自分もそう動くだろうから中島くんを悪者にできない。
中島くんを悪者にすることは、すなわち自分を悪者にすることだから。

魔都の戦士

魔都の戦士

  • 作者: 西谷 史, 北爪 宏幸
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1986/10
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【ラノベ】 デジタル・デビル・ストーリー 女神転生 [デジタル・デビル・ストーリー]

小説「デジタル・デビル・ストーリー 女神転生(以下、女神転生)」を読み始めました。
事前に全巻購入済です。

「女神転生」はゲームとしてもシリーズ化されています。
最近はオンラインゲームになりました。

私が出会ったのはゲーム(シンメガ1)が最初でした。
そして、原作を読んでみたくなりました。

シンメガ1と2とIfは私にしては珍しく同じゲームを2回以上クリアしました。
しかも、マルチエンディングなのに毎回同じシナリオで。
そのくらい私にとっては神ゲーです。

ゲーム版について語りだすとキリがないので小説の方に話を戻します。

「女神転生」は高校生の天才プログラマー中島くんと、ヒロインの弓子さんがメインの話です。
悪魔召喚をプログラムで実現してしまおうという、オカルト&サイバーな独特の発想です。

プログラミングの知識があれば、序盤は感情移入しやすいかも。
なくても問題ありませんが。

第一巻は中島くんとロキとの戦いを描いています。
イジメられたからといってイジメっ子を殺すことはないのに・・・。
悪魔と人間のまぐわいはベルセルクの蝕でのグリフィスとキャスカを思い出してしまいました。

女神転生―デジタル・デビル・ストーリー (アニメージュ文庫 (N‐013))

女神転生―デジタル・デビル・ストーリー (アニメージュ文庫 (N‐013))

  • 作者: 西谷 史
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 1986/03
  • メディア: 文庫


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
デジタル・デビル・ストーリー ブログトップ